北欧テイストのデザイナーズチェアの張り替え

  • 納品目安:2週間
  • 納品数:1脚
  • 納品先:京都市左京区

「経年劣化で布が破れてきたが、雰囲気やテイストを変えずに張り替えて欲しい」とデザイナーズチェアの張り替えをご依頼頂きました。
デザイナーズチェアは、よくある形状ではなく、随所に椅子職人のこだわりが詰まった椅子です。
だからこそ、イメージはそのままに張り替えて欲しいとのことでした。

張り替え技術が必要な特殊な構造

other3

経年劣化で座面が破れてきていますが、木枠の状態とはとても良く、大事に使われてきたのではないでしょうか。

other2

このデザイナーズチェアは、全体的に作りが薄く、座面もあまり高くありません。
そのため、座面の土台には強度を補うために帆布が用いられています。実際には、帆布をピンと張り、その上にクッション材を置き、張り地を張り込んでいきます。

other1

こういったデザインを追求した椅子には、デザイン通りに仕上げるための職人のアイデアや技術が豊富に詰まっており、特殊な構造となっています。
そのため、1脚であっても、通常よりも多めの張り替え日数(納期)が必要となる場合があります。

ホームページからのご相談やご依頼の際は、椅子の状態や形状がわかる写真を送っていただければ、スムーズに対応させていただきます。

オットマンもお忘れなく

リクライニングチェアにはオットマンが付属しているのが一般的です。オットマンも椅子と同じ生地に張り替えますのでご安心ください。(オットマンは別の生地にしたいというご要望も承っております。)