マチ付きのパイピングを施したダイニングチェアの張り替え

  • 納品目安:1週間
  • 納品数:4脚
  • 納品先:大阪府茨木市

ご依頼内容: 全体的にへたっているので、中身を交換して同じ仕様で張り替えてほしい

張り替え前の状態を見ると、座面にはマチ付きのパイピングが施されています。

dinningchair_160822_before1

dinningchair_160822_before2

写真を見ると、座面がへたっていて、生地感もかなりなくなっているのがわかります。色も褪せてきていますね。木枠がしっかりしている分、こうした劣化が目立っているのかもしれません。

dinningchair_160822_before3

交換前のクッションの様子です。一見すると、きれいな見た目かもしれませんが、コシが無くなり柔らかくなっています。

以前と同じ色味の縦ストライプで張り替える

生地の選定が終われば、張り替え作業開始。
このダイニングチェアを新品と思えるほどの出来栄えに変えていきます。

dinningchair_160822_progress

まず、クッション部分の交換と型を取り裁断した布を用意します。
そして、ミシンで各部位を縫製し、座面の厚みや弾力をあらかじめお聞きしていたご要望通りに仕上げ、一気に張り替えます。

dinningchair_160822_after1

dinningchair_160822_after2

いかがでしょうか。生地が変わり、ふっくらと張りが出ているのがわかるかと思います。
実際に座りごごちも格段に良くなり、お客様にもご満足いただける仕上がりとなりました。

中身のクッション材については、ご要望があれば2〜3cm程度であれば、中身のクッション材の量などを駆使して高さを調整することもできます。
椅子が少し低いなと思われている時は少しの変化でしっくりくることもありますので、高さが気になる際は、是非ご相談ください。